FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

COMITIA115ありがとうございました

大変遅くなりましたが、コミティアにて当サークルに足を運んで下さった方、
ありがとうございました。
既刊の「ココがいない」しかない状態だったのですが、
たくさんの方とお話させて頂いて、とても勉強+刺激になりました。

次のイベント参加は5/5のCOMITIA116になる予定なのですが↓

comitia116.png

実はこのお話が某漫画賞の一次選考に残ってしまって(大変ありがたい事ですが!!)
このお話で新刊が出せるかどうかまだ分からない状態です。
そんな状態の中このカットを描いてしまった私が悪いのですが、
(選考発表とコミティア申込の〆切がかぶった為)
万が一にも賞を頂けた場合、新刊はまるで違うものになるかないかのどちらかです。
持ち込みをした際の編集さんのリアクションが薄かったので、まさか残るとは思わず…。
できれば…雑誌に掲載される形でお披露目したい気持ちが大きいです。
また何か進展があればこちらでお知らせしたいと思います。

以下、3/3~3/8のパリ旅行について写真や感想などです。
読みたい方だけどうぞ~。








3/3~8までパリへ旅行へ行ってきました。
ローマに続き、ヨーロッパ2ヶ国目です。
私は「SPRIGGAN」の影響で、パリにすごい憧れを抱いていたので
10何年か越しの夢が叶いました。
空港に降り立った時
「私は今、ジャンと同じ空気を吸ってるんだ…!」と感動を覚えました…!

【1日目】
羽田から直行便でシャルル・ド・ゴール空港へ。
アラブ系のカッコいいお兄さんが迎えに来てくれてて、空港からホテルへ。
ホテルはルーブル美術館のすぐそばのホテル・ドゥ・ルーブルというところ。
旅行会社の手違い?で何故か予約が入ってなかったのですが、
つたない英語と仏語でなんとか旅行会社に確認をとってもらい、
併設のカフェで無料でコーヒー飲みなよ!って言われたので
そこでコーヒー飲みながら待ってたら、30分後にはお部屋に案内されました。
ホントよかった…。
近所のモノプリ(スーパーマーケットです)で水やらワインやらを買い、その日は就寝。

【2日目】
モンサンミッシェルへ行く事を日本で既に決めていたので、
TGV(新幹線みたいなものです)のチケットを事前に予約しておきました。
なのでとりあえずメトロの駅からモンパルナス駅まで移動。
明け方5時のパリは誰もいなくてすっごい怖かったです…。
ちなみにメトロの切符の買い方は、自販機で英語が選べるので意外と簡単です。
ただ、タッチパネル式じゃなくて、手前に謎のくるくる回すバーみたいのがあって、
それで項目を選択して緑のボタンで決定、っていうのがちょっと分かりづらいかも。
駅によってはお札が使えないところもあるのでそこも注意ですかね…。
それはともかく、無事TGVに乗りまして、レンヌという駅まで行きます。
感覚としては東京~名古屋、って感じでしょうか…。
レンヌに着いたのはいいのですが、ここから更にバスに乗らなければなりません。
時間もギリ、バスの本数もギリなので超絶焦りましたが、
恐らく同じような人が何人もいるのでしょう、インフォメーションのお姉さんが
バス停までの地図が印刷された紙をくれました。
無事バスにも乗れました…!
1時間くらいでしょうか?もっと乗ったかな?だんだん田舎になってきたな、と
思ったら見えました、モンサンミッシェルです!!
DSC_0049.jpg
すごいや…写真で見たのと同じだ…!(当たり前)
バスを降りるとインフォメーションセンター的なところがあって、
同乗していた旅行者たちはなぜかそこでもじもじしています。不思議に思いつつも
干潟みたいなところを3~40分かけててくてくモンサンミッシェルへと歩いていきます。
…すると後方から、シャトルバスみたいなのがさっきの旅行者をたくさん乗せて
私たちを追い抜いていくではないですか!!
ええ…、インフォメーションセンターから、無料のシャトルバスが出ていたのです…。
ま!道すがらいい写真もいっぱい撮れたしいっか!(でも帰りはさすがに乗った)
モンサンミッシェルはなんだか迷路みたいな感じでした。
景色がまるでこの世の果てみたいですごく幻想的でした。
DSC_0074.jpg
帰りに超有名なモンサンミッシェル名物のオムレツを食べました。
日本にもいっぱいお店ありますけど一応、ラ・メール・プラールで。
オムレツとコーヒーしか頼んでないんですが2人で88ユーロしました。
多分私が今後食べるオムレツの中で一番高いのではないでしょうか。
DSC_0124.jpg
帰りはTGVまで少し時間があったのでレンヌを散策しました。
ここでガレットとシードル、といきたかったのですがなかなか店が見つからず…
天気もだんだん悪くなってきて雨が本降りになってきたのでおとなしく駅で列車を待ちました。
列車が遅れたので、予定より45分くらい遅れでモンパルナス着。

【3日目】
初日5:00にホテルを出てしまったので、初めてホテルで朝食を食べました。
ローマに比べたら格段にレベルが高い。パンの種類が多いし、どれもとても美味しい。
旅行でありがちな野菜不足もここで全てカバーできるくらい野菜類も多かったです。
朝食後、雨の中歩いてオルセー美術館へ。
もうありがちすぎる感想で申し訳ないのですが、モネの「青い睡蓮」とゴッホの「星降る夜」が
とってもきれいでした。アホみたいな感想で申し訳ない。
あと内装もすごく凝ってて素敵でした。絵もいいけど天井とかも見上げてみるといいかも。
DSC_0175.jpg
ちなみに、美術館内はフラッシュをたかなければ写真を撮っていいみたいで、
みなさん絵や彫刻と一緒に写真を撮っていました。私もマネの「笛を吹く少年」の前で1枚。
DSC_0180.jpg

その後いきなり晴れたので歩いてノートルダム大聖堂へ。
DSC_0247.jpg
なんかもう…この建物デザインした人頭おかしいよ!ってくらい凝ってて、
職人泣かせだな~…と思ってしまいました。
中はホントフツーの(といっても超豪華な)教会なので静かに、そして帽子を取るようにと
注意書きがありました。
DSC_0262.jpg
外に出て、大聖堂の上に上ろう!となったのですがまあ…すごい列。
寒空の下45分くらいは待ったでしょうか…。
階段がすごく狭くて入場規制をしていたので仕方ないのですが…。
つらすぎて離脱する人も見かけるくらい寒くてつらかったです。
階段は、体感的に10階分くらいはあったように感じました。
すごく狭い螺旋階段で、途中に踊り場などの休む場所はないです。
疲れても、あとの人がつかえちゃうので上るしかなく、
私は老体に鞭打って必死で上りました(後日筋肉痛になります)。
本当に心臓が破裂するかと思うところでようやくてっぺんに着きました!
DSC_0264.jpg
景色がきれいです…。多分階段から開放された分、余計にきれいにみえたのかと。
転落防止のあみあみがなければもうちょっといい写真も撮れたのですがこれが限界!
ちなみに下りる時も螺旋階段再び!でした。
下りたところにあるクレープリーで食事。ハムチーズクレープとシトロンシュガー。
両方とってもおいしかったです。高かったけど!まあ観光地だし仕方ないですよね。
これはもうパリ全体に言える事かもしれないですが、私は中の中な庶民ですので
何を買うにも高くて参ります。ちっちゃなエスプレッソが2ユーロとかは安い方です。
それはおいといて、その後、近くのサントシャペルへ行きました。
ここはそんなに並んでなかったのですが、列が進むのがすごく遅い…。
何事?と思ったのですが、空港並みのボディチェックがあって合点がいきました。
サントシャペルはすごくきれいなステンドグラスで有名みたいです。
DSC_0319.jpg
きれいさに興奮して何枚も何枚も、満足いくまで写真を撮りました。
というのも、「人物+ステンドグラス」をきれいに撮るのがとっても難しいのです。

18:30くらいに歩いてホテル近くまで戻ってきたので夕飯を食べるところを探します。
気軽に入れそうないい雰囲気のビストロを発見したので、そこに決定。
ローストダックと肉のタルタル、カラフェで赤ワイン。
わたくし恥ずかしながら「肉のタルタル」っていうのを、
「ステーキにタルタルソースかかったの」だとずっと思い込んでいて
ギャルソンのお兄さんが持ってきてくれたのを見て驚いてしまいました。
肉のタルタルとは…簡単に言えばユッケです。ミンチした生肉に味が付いたのです。
お味は大変美味しかったです。あ~もう恥ずかしい!恥ずかしい!!
恥ずかしさにさいなまれ(?)、階段も疲れたしで、この日はぶっ倒れるように就寝。

【4日目】
凱旋門へ行きました。行っただけで上には上りませんでした。
DSC_0388.jpg
下へもぐって写真を撮ったりはしました。なかなか面白い風景かもしれません。
DSC_0393.jpg
ここには署名サギがたくさんいます。
署名を求められ応じると、募金を強要されるサギかと思われます。
私は袖まで引っ張られましたが振り切ってガン無視しました。

その後、メトロで少し遠いとこまで行ってエッフェル塔へ行きました。
DSC_0420.jpg
どこから撮っても絵になる、すごくカッコイイ塔です。意外と細かい装飾もされてて
地上からの見所もたくさんありました。
塔の上のどこまで上るかでチケットの値段が違ったのですが、
ここまで来たら当然「TOP」を選びました。
エレベーターで上に上がります。
ちなみにここスリ注意らしいです。地球の歩き方なんかには
メトロで気をつけろってすごくいっぱい書いてあるのですが、
このエレベーター以上に人が密着する場面が他になかったので
気を抜くと危ないかもです。
そしてTOPからの風景はこちら。
DSC_0440.jpg
パースが狂ってるみたいに見えるのは、多分河幅が均等じゃないから…?
よく分からないのですが変な写真ですね…、すみません。
頂上はとにかく風が強くて寒かったです。

その後、北マレ地区をうろうろして(ユニクロがあった!)
ポンピドゥーセンター内の国立近代美術館へ。
DSC_0475.jpg
毎月第一日曜日は入館料がタダっていうのは下調べ済みだぜ…。
と思ったら、みな同じ事を考えるのか、めっちゃ人並んでる。現地の人多め。
シャボン玉を飛ばす大道芸人とそれを追いかける無邪気なパリっ子を横目に
3~40分くらい並びます。
DSC_0471.jpg
ここも写真OKでした。カンディンスキー、モンドリアン、デュシャン、ブラック、くらいしか
分かりませんでしたが、軽く見るには丁度いい感じでした。
しょぼいってわけじゃないんですが、カンバスを真っ青に塗ったやつとか
そんなじっくり見るものでもないように思うので…。
正直無料の日に行けてよかったです。
あとここからの景色もなかなか素敵でした。
DSC_0488.jpg

夕飯はシーフード専門店に行きました。生牡蠣、エスカルゴ、
ホタテのバターいため(?)、ブイヤベース、白ワイン。
ブイヤベースがすごく美味しかった!基本カニ味噌味なんですが
他に白身魚やエビなんかが入っててすごくいいおだし。
「パンじゃなくてごはんが欲しい…」と思ってしまいました。

【5日目】
今日で最終日。ホテルをチェックアウトし、ついにルーブル美術館へ行きます。
(多分美術館はみんなそうだと思うのですが)トランクの持ち込みが制限されていたので
仕方なく、日本人向けのサービスをやってるとこでトランクを預かってもらいました。
一応、入り口のピラミッド。
DSC_0513.jpg
ルーブルはとにかく広いというのは聞いていましたが、
本当に広すぎて、どこから何をみたらいいのか分からないくらいでした。
が、皆さんこれみたいでしょ?的な作品(モナリザとか)への順路が
いたるところに書いてあるので「見られなかった」という事態は免れるかと思います。
そんなわけでとりあえず有名どころのモナリザやニケ、
ミロのヴィーナス、マルス、奴隷、なんかは制覇して、あとはのんびり見てまわりました。
DSC_0521.jpg
DSC_0530.jpg
DSC_0573.jpg
DSC_0583.jpg

他に面白かったのは「野球をする人」(タイトルは私がつけました)
DSC_0606.jpg

そしてやっぱり内装がきれい。
DSC_0584.jpg

ルーブルの地下にフードコートがあって、色々な国の料理が食べられます。
マクドナルド(割と街中にもあるけど)でマカロンが売っているのにびっくりしました。
DSC_0622.jpg
歩き疲れてヘトヘトだったのでここでお昼ごはんにしました。
パエリヤ、ラザニヤ、ベリータルト、オランジーナ。
DSC_0624.jpg

空港へのバスへの時間も迫ってきたので先ほど預けたトランクを受け取り、
オペラ座近くのバス停へ。
オペラ座の前には芸能カメラマンとかテレビのカメラ持った人がいっぱいいて、
何事?と思ったのですが、観劇に来た有名人をパシャパシャ撮ってました。
バスは旅行会社に手配してもらったのではなく、自力で乗車するので
「本当にこのバスが空港へ行くのか」とかすごく不安でしたが、無事着きました。
ANAが発着するターミナル1は、それほど免税店などはなく、
簡単なカフェや売店のみなので、お土産をここで買おうと思ってる人は
まず無理だと思ったほうがよさそうです。
JALは多分ターミナル2で、そっちは免税店が揃ってるらしいんですけど。


長い旅日記に付き合って下さりありがとうございました。
自分の為に思い出を残そう、っていうのが第一ですが、
もしどなたかの旅の参考にでもなればと思い、なるべく詳細に記しました。
私は少しだけフランス語を勉強していた時期があり、
恐らく、簡単なあいさつなどは出来ていたのだと思うのですが、それが裏目に出て
「コイツ仏語しゃべれる!」と勘違いされて仏語でまくしたてられて困ってしまったりしました。
「あれ?あなたフランス語話せないの?」と聞かれ「ウィ」って答えたら
すごく残念そうな顔をされましたw
フランス人は絶対にフランス語しかしゃべらないっていうのはもはや
都市伝説みたいなものかと思います。
もししり込みしている方がいたら、勇気を出して是非是非!行ってみて下さい。
意外と英語だけでも何とかなりますよ~!

ラストはオペラ座近くでお散歩中の犬。
フランスでは犬までおしゃれっこだぜ…!
DSC_0506.jpg

【2016/03/10 06:02】 日記

PROFILE

Author:佐倉まふみ
@kuributonさんのツイート



09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (2)
  • 2015年06月 (2)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年06月 (2)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (3)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (2)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (3)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (3)
  • 2012年05月 (3)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (4)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (4)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (6)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (8)
  • 2010年08月 (6)
  • 2010年07月 (7)
  • 2010年06月 (6)
  • 2010年05月 (3)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年03月 (5)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (4)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (4)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年05月 (8)
  • 2009年04月 (4)
  • 2009年03月 (10)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (7)
  • 2008年12月 (12)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (10)
  • 2008年07月 (11)
  • 2008年06月 (11)
  • 2008年05月 (6)
  • 2008年04月 (14)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (6)
  • 2008年01月 (8)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (4)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (4)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (9)
  • 2007年05月 (7)
  • SEARCH

    INFORMATIONS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。